勘からデータ主義へ|在庫管理システムとPOS連動アプリで美容室の経営が楽になる

在庫管理システムとPOS連動アプリで美容室の経営が楽になる

男女

勘からデータ主義へ

男の人

営業職で仕事を行なっている方は毎日営業の繰り返しで様々な苦労があることでしょう。営業は企業の中心的業務の1つで、営業がうまくいっていれば企業の安定に繋がります。営業はこれまで勘や努力といった不確定な要素を元に行われてきた歴史があります。飛び込み営業などの言葉が示すように営業は努力や根性、また粘り強さといった少々強引的に獲得する要素もあり、元々こういった強引な仕事に向いていない方にとっては苦痛でしかありませんでした。こういった営業が問題と言われるようになったのは比較的最近のことで、2000年を境目に勘で行なっていた営業方法からデータに基づいた効率的な営業を行おうという方向転換が行われました。これまで営業は個々の企業で方法やノウハウが異なり、継承の仕方もオリジナルでした。こういった営業の方法やノウハウ、さらに継承するために必要なデータ等を上手くまとめるシステムが必要になり、そこで生まれたのがSFAです。SFAは営業支援システムの英略で、外国を中心に1990年当たりには既に認知されていました。日本にSFAが認知されるのはそれから10年先の事でしたが、その頃には既に企業内部で使用するグループウェアの導入が盛んだったため、SFA機能を持ったグループウェアが一気に話題になり、日本でもSFAを用いた営業が広がりました。

SFAではまず営業の効率化を目指すべく営業活動の可視化が行われます。可視化することでデータ的に営業の効率度をチェックすることができ、どういった形で営業をする方が効率度を高められるのか提案してくれます。例えば営業をする時の行動の特徴を分析し、どういった時に失敗するかや、成功率を上げるための流れ等を個々の人に合わせて分析し、指標をが表示されます。営業職を管理している人には営業の状況をリアルタイムで情報を提供し、端末を用いてアドバイスをしたり、結果が付いてくる改善点をポイントを絞って教えることが出来るようになります。なんとなく全体を通したアドバイスではなくポイントを絞ることで改善点が明らかになり、社員側にとっても改善するべき目標が定まります。